アメリカからやってきたマーケティングオートメーション情報

低廉方を競合商品と全く同じであれば、買うでしょう。あなただけではその価値を提供しているのはないからです。

 

そうでなければ、負けた方は退場、買った方も傷だらけ、と泥沼の価格競争になります。コストリーダーであなたがあるのでしたら、それでも格好かもしれませんが、なかなかこれは手酷い話です。

 

あなたの店から買う理由をそれでも、納得していただく必要があります。弱みで普通、差別化することはありませんから、「差別化ポイント=あなたの強み」ということになります。

 

扱っている商品が小売店の場合、競合店と同じこともあるでしょう。お客様に競合商品ではなく、あなたの商品を買う理由、競合商品との違いを訴える必要があります。

 

競合他社より無敵ところであなたが差別化しようとしなければ、負ける、追いつかれるだけです。価格競争力を持つのは素晴らしいことですが、体力勝負に価格だけで勝負すると、なってしまいます。

 

価格だけでは天下のマクドナルドだって、勝負していません。では、差別化を何を持ってすると言うかと、あなたの会社の強みを使うのです。

 

競合が存在します。あなたの商品の方がその競合商品よりも、屹々価値を提供し、お客様にそれを納得していただく必要があります。

 

価値をお客様に提供すれば買ってもらえるかというとそうもいきません。低価格だけでは英会話教室のシェアトップ、NOVAもやっていけなくなり、値上げしました。